ITが進み固定電話にお得なプランが登場|ぶっちぎりの安さが売り

婦人

新しい通信技術

2人の女性

普段何気なく使っている通信手段として電話があります。そして自宅やオフィスの固定電話に使われている通信を行なうためのシステムが電話回線です。また電話回線には主に3つの種類があります。アナログ回線とデジタル回線、光ファイバーです。厳密には電話回線ではないけれど同じように使われているものとしてADSLもあります。電話回線の種類や特徴を知ることで、今までよりも便利に電話回線を選べます。
黒電話の頃からある電話回線はアナログ回線です。これは銅線を使って電話会社と利用する建物を繋いでいます。費用が安いので一気に普及しました。次にデジタル回線は別名ISDNとも呼ばれ、使われている素材はアナログと同じ銅線ですが、情報処理の方法が0と1を使ったデジタル信号になっています。そのため導入への特別な工事を必要とせずメリットである音声の美しさと扱える情報量の多さで推奨されていました。ここで言う情報量の多さとは、例えば電線1本で2回線分とれるといった点です。そして近年主流になりつつあるのが光ファイバーを使ったものです。以前のアナログ通信とデジタル通信では電気を使って信号のやり取りを行なっていましたが、光ファイバーの場合はデジタル信号を光の点滅を利用して送っているのです。アナログ回線とデジタル回線の場合は電気が電線の中を通りますが、光ファイバーの場合だとカラス線の中を光がとおっていくという感じです。この光ファイバーは最も高速な通信技術なのでやはり今一番注目されています。