ITが進み固定電話にお得なプランが登場|ぶっちぎりの安さが売り

婦人

見た目の違い

通話する人

現在携帯電話を持っていない方は少ないと思います。同じく固定電話も使っている自宅や会社は多いでしょう。通信会社によって料金プランには違いがあります。キャンペーンや新しいオプションを用意していることが多いので、その都度自分が利用しているプランや対象の端末を把握しておくと良いでしょう。また固定電話には3種類あるのですが、自分が使っている回線がどういったものなのか知らないとお得なプランを選べません。そのため具体的に違いを知っておきましょう。
自宅やオフィスで使っている固定電話は電話回線につなぐための差込口がコンセントなどの近くに設置されています。そこに固定電話用の端子を差し込み、通信を行ないます。光ファイバーの場合は工事の段階でもうすでに端子が内側に差し込まれているので外からはパッと見分かりません。差込口の下の方からケーブルが出ている感じになります。屋内に入ってきた光ファイバーは通信会社が用意した光ファイバー終端機器につながります。見た目はインターネットに利用されるWi-Fiルーターそのものです。それはなぜかと言うと電話用とインターネット用に回線を同時に使える端末だからです。パソコンでインターネットを使い、電話は光電話を使えるということです。そのため今までのように固定電話用のケーブルとは別にパソコン用の通信端末やケーブルを必要としないのでとてもスッキリとしています。マンションなど構造上の問題で電話回線を経由して使う場合もあります。光を使った固定電話の場合、工事をすれば電話とインターネットの両方を早い通信速度で利用できるのでそこも通常の電話回線との違いです。